ブラック&ホワイトパレード

Quatre Couleurs, dont la mission est de défendre la création made in France, tout en insufflant des transversalités audacieuses entre les métiers d’art a réunit ses artistes au sein de l’atelier Basfroi, du 30 novembre au 1er décembre 2019, dans le 11ème arrondissement de Paris, autour d’un événement intitulé la « Black And White Parade ».

この日、出席したのは:Gwendoline Finaz de Villaine、Jeremy Kapone、Marlène Delcambre、Anna Marchlewska、Marine Coutelas、Maison Robert KerrのThomas Drischel、Emeric Thibierge、Luc Kieffer、Maison VaincourtのElizabeth Schmitt、Maison Youm ParisのYoomna Megarbane、Maison GalluchatのAlexandra Baaskeです。Delphine Brabant、Gratianne Bascans、Maison AgnelleのSophie Gregoire、Champagne ArlauxのPierre-Christian Tramier、GCDK DesignのGwenaël Chassin De Kergommeaux、Maison ChamberlanのSophie Engster and Franck le Franc、Eléonore de Staël、AithesisのJérôme Cordié、Fabrice Aussetなどです。

バスティーユの裏手、マレ=スティーブンス設計の巨大な船のような工房という特別な環境の中で、この2色刷りのグラフィック展が開催されたのである。レジン、オートクチュール、革製品、ドローイング、写真など、絵画、ファッション、フランスの職人技へのオードが超楽しく響き渡り、時代にマッチした本物の才能を垣間見ることができました。

Aidée par l’artiste-peintre Gwendoline Finaz de Villaine, Quatre Couleurs a proposé un parcours arty ludique, dans cette ancienne scierie aux airs de loft new-yorkais, où l’on retrouve le portraitiste ultra-talentueux Jérémy Kapone, le maître du papier Thibierge, le bijoutier Luc Kieffer, Maison Vaincourt…

Un marché de Noël pas comme les autres, où les sapins sont des œuvres d’art conçues par les artistes, et où l’on peut s’offrir du galuchat, un tableau magique, des papiers japonais, un parfum sur-mesure…

L’objet doit avoir une âme et naître de la rencontre du concept, de la matière et de la main de l’homme. Quand on possède le savoir-faire, le faire-savoir peut prendre du temps. Mais le véritable artiste est celui qui possède cet art ingénieux de peindre la parole et de parler aux yeux. Par les traits et figures tracés, il donne de la couleur et du corps à nos pensées.

シャネル、コクトー、ピカソ、サティ、ディアギレフらの豊かな交友関係が生まれた1920年代への情熱を、DIYの女性たちがあらためてこの新会場で表現しています。白と黒は、かつてないほどシックで刺激的なものであり、今もなおチェッカーゲームのような存在です。

Quatre Couleurs協会は、地元の職人技を守りつつ、異なる芸術間の横断的な機能を吹き込むことを使命としており、2019年11月30日から12月1日まで、パリ11区のバスフロワ工房で、「ブラック&ホワイトパレード」イベントのためにアーティストを集めました。

バスティーユの裏手、マレ=スティーブンス設計の巨大な船のような工房という異例の場所で、この2色刷りのグラフィック展は開催された。レジン、オートクチュール、レザーグッズ、ドローイング、写真など、絵画、ファッション、フランスのクラフトマンシップに捧げる超楽しいオードのようなイベントとなりました。

その時代に合った本物の才能が見えてきたのです。アーティスト、画家、グウェンドリン・フィナス・ド・ヴィレーヌの協力のもと、4 colors associationは、ニューヨークのロフトのようなこの古い製材所で、才能あふれる肖像画家Jérémy Kapone、紙の名手Thibierge、宝石商Luc Kieffer、Maison Vaincourt ...といったアーティストたちの遊び心に満ちた旅を提案します。

ツリーが芸術家の手による芸術品であり、鮫肌、魔法の絵、和紙、オーダーメイドの香水...コンセプト、素材、人の手の出会いから生まれた魂が宿る、他にはないクリスマスマーケットです。ノウハウがあっても、それを周知させるには時間がかかります。しかし、真の芸術家は、言葉を描き、目に語りかける、この独創的な芸術を持つ人である。描かれた線や図形によって、私たちの思考に色と体を与えてくれるのです。

シャネル、コクトー、ピカソ、サティ、ディアギレフを結びつけた実りある友情が生まれた1920年代への情熱を、このユニークな場所で、便利屋で何でも屋である女性たちが、あらためて伝えているのです。何のように、黒と白は決してシックで感動的なものではなく、断固としてチェッカーゲームのままです。