工芸品産業

のノウハウで

錬金術師の職人

Luc Kieffer

"シルク、金細工、ジュエラー、プレタポルテ、デコレーターなど、高い技術を持つ職人たちが集まる会合で、デルフィーヌ・ガルニエに出会えたのは幸運だった。

Quatre Couleurs(カトル・クルール)協会は、さまざまな展覧会を中心に、非常にクリエイティブな共感運動を急速に展開しました。デルフィーヌ・ガルニエのような情熱的でダイナミックな監督と仕事をするのは、とても楽しいことです。

フランスの職人技だけでなく、クリエーション、アート、デザインを守るための彼の戦いは、私が常に守ってきた情熱でもあります。

この思いを、アーティストの世界では主流であり、今や欠かせない存在となっている「Quatre Couleurs」協会と共有できることをとても嬉しく思っています。

www.luckieffer.fr

ペーパーデザイナー

エメリック・ティビエルジュ

"スティーブ・ジョブズやカール・ラガーフェルドのノートブック "を想像して、「ティビエルジュ・ノートブック」を作りました。現代的、直感的、デザイン的、そしてあえて言うなら知的。その時代のノートブック」。

"デルフィーヌ・ガルニエ "に出会えたことは、私にとって大きな喜びでした。彼女は、私たちの仕事の達成を助けるために、4(-色)に身を置いているのです。個性とノウハウを結集し、実りある会議を実現することで、プロジェクトの遂行をサポートしてくれています。

素晴らしいアート

書道家のステファン・トリローやジュエリーの錬金術師リュック・キーファーとの出会いも、この協会のおかげですぐに増えました。他の才能を発見し、それが交差することで、他の創造物を生み出すことができる。

なんて素晴らしいパートナーシップなんだ!"

www.facebook.com

書道家

Stéphane Trillaud

オープニングの招待状はすべて、書道家のステファン・トリロー氏によってカリグラフィーされます。色と質感の錬金術に魅せられ、7歳から13歳まで、水曜日の朝をブロワの装飾美術学校で過ごす。レタリング、ロゴ、グラフィックデザインに惹かれ、具象画を捨て、サインとシンボルの研究に専念するようになる。

書くことが好きで、90年代末から徐々にラテン語の書道に目覚め、最初は自分の楽しみとして、その後、書道家としての修行を積んでいくことになりました。講師歴は3年、2013年に独立。

https://www.calligraphismes.net/