Jérémy Kapone(ジェレミー・カポネ

フェイスブックと木版画

"Carnet de Visage "のポートレートは、出会いの瞬間をとらえるために、すべてフリーハンドで、墨を使って描かれたものです。必要最低限のもの、つまりノートと黒インクのペンで。

「この制約の中で、私は常に描かれた人物の本質に触れようとし、また、私が遭遇する多様なエネルギーを表現するために実験することを余儀なくされています。私が描くとき、私は我を忘れて消え去り、振動を受信してそれを再記録する衛星に過ぎない--地震観測装置の針と同様である。

JK in Agadez,Niger,November 2019

JK in Mindo,Ecuador 2012年2月、映画「Measuring the world」の撮影現場にて。

ジェレミー・カポネのアートブック「Carnet de Visage」を、作家のサイン入りで300部限定で注文する。Carnet de Visage」第1弾として、2011年から2019年にかけて撮影した旅のポートレートを146点収録しました。

ウッドカット