THE TEAM

Quatre Couleurs 協会の

役員

Delphine GARNIER

創業者社長

ラ・ロシェル出身のデルフィーヌは、あらゆる形の芸術に魅了されている。幼い頃からダンス、ピアノ、演劇に親しむ。

文学と語学の勉強から始め、トリエステ、フィレンツェ、ニューヨーク、ダラスなどで学ぶ。修士号取得後、ソルボンヌ大学でファッションとラグジュアリーの世界における国際貿易を専門に学び、大手ブランドと国際的なバイヤーの仲介役を務める。

質の高い芸術と職人技に惹かれた彼は、プロとしての活動と並行して、スロニー・ソウ監督とともに「カトル・クルール」協会を設立した。  

セヴァン・シルヴァニアン

長官

ビジネス法と知的財産を専門とする弁護士であるセヴァーヌは、出版、映画、オーディオビジュアル部門で働いた後、文学・芸術エージェントの分野に進出した。2016年、作家、脚本家、監督、グラフィックデザイナー、作曲家などを代理するTOPAZエージェンシーを設立。

その価値観とコミットメントは特に彼女の心に近い。

トーマス・アヴァーランド

トレジャラー

映画製作が専門で、協会設立当初から在籍している。

アンバサダー

ジェレミー・カポネ

アンバサダー

2017年10月、デルフィーヌ・ガルニエから彼女の協会「Quatre Couleurs」のアンバサダーになってほしいと頼まれたとき、私は自分が何に巻き込まれるのかわからなかったが、彼女の話し方と決意の何かが私の目を引いた。デルフィーヌは時間を割いて、協会の職人たちを一人一人紹介してくれた。デルフィーヌの話を聞き、彼女の闘いを理解すればするほど、職人技の擁護が自然や環境の擁護に直結していることに気づかされた。

 トレーサビリティ、クラフツマンシップの擁護、分野横断性など、キャトル・クルールの価値観は、ここ数十年の間にフランスやヨーロッパの文化を切り刻み、その豊かさと文化であったノウハウを徐々に消し去ってきたオフショアリングへの直接的な反応でもあることを理解することができた。

この協会のアンバサダーになったことで、私たちの住む世界に対する理解を深め、消費者と生産者が真の責任を負うこの時代に、芸術的・人間的アプローチを向上させるためのより良いツールを手に入れることができたのです。

アマンディーヌ・アルビッソン

アンバサダー

2018年10月、デルフィーヌ・ガルニエから連絡があり、彼女が発起人である「Quatre couleurs」という協会を紹介されました。偶然なのか運命なのか、以前からある協会に身を投じたいと考えていました。彼女のスピーチとこの協会が伝える価値観にすぐに魅了され、本当に嬉しく思いながら、堂々とアンバサダーの一員になることを承諾します。

フランスのノウハウを持つさまざまなアクターが一堂に会するアイデアは、私にとって文化をより豊かにするベクトルであり、エコロジーへの影響が懸念される今、必要不可欠なものだと考えています。私は、あらゆる形態のフランスのノウハウの質を深く信じています。そして、これらの職人やアーティストに会い、彼らの芸術を発見し、メイド・イン・フランスを守ろうとすることに喜びを感じています。

デルフィーヌは、そのアイデア、熱意、信念によって、さまざまな職人たちをまとめ上げ、その存在に光を当てることができたのです。