ボルドー・オペラ座でエレクトロ・シンフォニック・プロジェクトを開催!

ローラン・クーソンと

覚えていますか...2017年6月20日、パリのサン・トマ・ダクアン広場で開催されたITINÉRANCE展で、作曲家ローラン・クソンの『現代の交響的アルバム』からの抜粋を内覧していただきました。数百人の皆さんが、この新しいタイプの音楽に魅了されました。

作曲家であり指揮者でもあるローラン・クーソンが、ボルドー国立歌劇場公会堂のステージで、この横断的でオフビートな体験をお届けしますから。2017年9月にユニバーサル・プロダクション・ミュージックからリリースされたアルバム『The Modern Symphonic Album』の15曲をベースに、ローラン・クーソンがボルドー・アキテーヌ国立オーケストラ、DJのトム・ファイヤーとチャールズ・シリングス、ベーシストのブノワ・リュゲをステージに集結させた作品。作曲に電子的なリズムやサウンドを用い、舞台装置や3Dマッピングの照明システムを想像する。

ローラン・クソンは、DJとターンテーブルを伴ったクラシックのグループに出会いたい、クラシック音楽と認識されていない新しい大衆に、交響音楽と電子音楽の新しい形を提示したいと願っているのです。

思い出してください・・・2017年6月20日、パリのITINERANCE Place Saint Thomas Aquinの展覧会で、作曲家Laurent Cousonの " The Modern Symphonic Album " を数曲試聴しましたね。この日は、この新しいジャンルの音楽に数百人が魅了されましたね。

ローラン・クーソン(作曲家・指揮者)がボルドー国立オペラ座のオーディトリアムの舞台で、この横断的でオフビートな体験を実現するためです。2017年9月にUniversal Production Musicからリリースされたアルバム " The Modern Symphonic Album " の15曲から、Laurent CousonはOrchester National Bordeaux Aquitaine、DJのTom FireとCharles Schillings、ベーシストのBenoit Lugueをステージに揃える。

彼は作曲、リズム、電子音にポーズをとり、3Dマッピングで舞台美術と照明を想像する。ローラン・クソンは、DJとターンテーブルを伴って、クラシックのトレーニングに出会いたいという願望を表現している。彼は、「クラシック音楽」と認識される場所に慣れていない新しい大衆に、シンフォニック音楽とエレクトロニック・ミュージックを招き入れる新しい形をもたらそうとしている。

ボルドー・アキテーヌ国立管弦楽団
10月18日(木)~20日(金) 10月19日(土)~20日(日
ボルドー国立オペラ座オーディトリアム 9-13 Cours Georges Clémenceau - 33000 Bordeaux
予約:www.opera-bordeaux.com

音楽監督・キーボード:ローラン・クーソン DJ・プログラミング:トム・ファイヤー
ベース、ベースシンセ:Benoit Lugué
そして、DJであるチャールズ・シリングスの参加
ボルドー・アキテーヌ国立管弦楽団
音響:セルジュ・バブキーン
照明:Vincent Dagneau Creations ビデオ:PMG Productions
ビデオダンス
ダンサー:Claire Tran 監督:Lisa Paclet
制作:The AIKIU
製作総指揮:サム・プロダクション
音楽出版社:Universal Production Music " The Modern Symphonic Album " www.universalproductionmusic.com