Les Pianos Pleyel:ヨーロッパで最も古いピアノ工場

Quatre Couleurs協会は、Bruno Moinardの作品を含むItinérance展のオープニングに参加してくださったMaison PleyelとそのマネージャーAnne-Emmanuelle Khanに感謝します!

プレイエルは、未来を見据えた歴史であり、楽器作り、音楽、アーティストに情熱を注ぐ企業家たちの手強い叙事詩なのです。

1807年に創業したプレイエルは、現存する世界最古のピアノメーカーであり、常に有能な技術者、音楽家、楽器製作の最高の専門家の知識と技術の恩恵を受けて、数々の特許に謳われ、パリとロンドンの万国博覧会で何度も金賞を受賞した技術の進歩に貢献してきました。

プレイエルによって見出された数多くの若い才能は、プレイエルのサロンで演奏され、輝かしい大使となり、この特別な楽器で演奏する喜びを知り、その音の比類ない色合い、偉大なフランスのピアノの特徴である音色を明らかにしたのです:きらめく高音、豊かで深い低音、色鮮やかな中域は、ニュアンス、軽さ、丸み、繊細なタッチに満ちた演奏スタイルによって最高のアーティストが自己表現できるようにします。

これらのロマンティックな色彩の特徴はすべて、プレイエルピアノの特徴である「フレンチ・サウンド」を体現しています。フレデリック・ショパンは、このブランドを最初に熱烈に支持した一人で、こう叫んだ。 "元気で自分の音を見つける力があるときは、プレイエルのピアノが必要なんだ!" ドビュッシー、サン=サーンス、ルービンシュタイン、オネゲル、ニコライを忘れてはならない。リムスキー=コルサコフ、セルゲイ・ラフマニノフ、ワンダ・ランドフスカ、イーゴリ・ストラヴィンスキー、アルフレッド・コルトーもプレイエルピアノを熱烈に愛した。

210年にわたる楽器製造と設計のノウハウにより、プレイエルは約27万台のピアノを製造し、有名な「プレイエル邸」を建設、卓越したフランスの代名詞となった。今日、プレイエルピアノは、デザイナー(アンドレ・プットマン、ヒルトン・マコネコ、ミケーレ・デ・ルッキ、プジョーデザインラボ)、ビジュアルアーティスト(マルコ・デルレ、黒田亜樹、マルティーン・バース)、インテリアコーディネーター(アルベルト・ピント、ジャック=エミール・リュールマン)にサイン入りピアノをコレクションしており、現代のコードを用いて独自の語彙を駆使してピアノを再発見するよう依頼したものです。プレイエルピアノは現在、限定生産、または特別注文による一台限りの生産となっています。

ピアノは5,000個の部品が組み合わされ、20以上の職種の専門知識と、代々受け継がれてきた希少なノウハウ、そして最低9ヶ月の製造期間を必要とします。プレイエルは、ピアノという楽器が持つ近代的なイメージを払拭し、洗練されたフランスの卓越した芸術品として、生活文化遺産の一部となる贅沢なオブジェに生まれ変わらせたいと考えています。

www.pleyel.com