ヴァーニサージュ・イティネランス

6月21日から7月30日まで、Quatre couleurs協会の主催で、Bac通りの隣にあるGalerie Diane de Polignac & Chazournesで開催されるBruno MoinardのItinérance展は、このようにスタートしました。ブルーノ・モワナールは、ほとんどの作品でフランスのクラフツマンシップを支持しています。イチナーンチュと。

4 couleurs associationは、芸術とノウハウの本質的なつながりを維持するために、独立したアーティストや職人たちと一緒に活動しています。そこで、ギャラリーオーナー、指揮者・作曲家、エレクトロDJ、コンサートピアニスト、フランス製ピアノメーカー、ペーパーマスター、カリグラファー、カスタムスタイリスト、プレミアムホステスエージェント、モデルエージェント、ビーガンケータラー、フォトグラファー、フィルムディレクターを集めたいと考えたのです。Itinérance展のキュレーターであるDelphine Garnierは、Bruno Moinardの作品のうち、抽象的な部分を展示することを選択しました。旅人である彼は、スケッチブックを持って世界中を旅した後、ヴァレンジュヴィル・シュル・メールのスタジオで自分の感情をより大きなフォーマットに書き写すのです。

2017年6月20日、20時よりローラン・クーソン(指揮者・作曲家)とシャルル・シリングス(エレクトロDJ)によるオープニング記念コンサートが開催されました。6月にユニバーサルから発売されるニューアルバム「ザ・モダン・シンフォニック・オーケストラ」からの楽曲を試演します。この展覧会の収益の一部は、コンサートの第一部で演奏したCélimène Daudetが主催する、ハイチでクラシック音楽祭を創設し、若い才能を支援する「Haïti Piano Project」という協会に寄付されます。Quatre couleursは、ピアノを購入するための資金も提供する予定です。俳優と観客の間に振動的な調和を生み出すために、異なる職業を横断的に組み合わせ、それぞれの分野で他の職業を超越できるようにしよう...。

6月21日から7月30日まで、Rue du Bac近くのGallery Diane de PolignacとChazournesで開催される4 colorsの主催するBruno Moinard Itineranceの展覧会は、なんと美しい幕開けでしょうか。ブルーノ・モワナールは、ほとんどのプロジェクトでフランスの職人をサポートしています。Itineranceでは、アートとクラフトの本質的なつながりを維持するために、インディペンデント、アーティスト、職人たちと一緒に4色協会が彼を取り囲んでいます。そこで、ギャラリーのオーナー、オーケストラや作曲のチーフ、エレクトロDJ、ピアニストのコンサートパフォーマー、フランスのピアノメーカー、紙の達人、書道家、メイド・オ・メジャーのスタイリスト、プレミアムホステスのエージェント、モデルのエージェント、ビーガンケータリング、写真家、映画監督を集めたいと思いました。

Itinérance展のキュレーターであるDelphine Garnierは、Bruno Moinardの作品のうち、抽象的な部分を展示することにしました。スケッチブックを持って世界中を旅した後、ヴァレンジュヴィル・シュル・メールのアトリエで自分の感情をより大きなフォーマットに書き写すのです。2017年6月20日、20時より展覧会のオープニングを記念して、Laurent Couson(指揮者・作曲家)とCharles Schillings( エレクトロDJ)によるコンサートが開催されました。来年6月にユニバーサルから発売されるニューアルバム「The Modern Symphonic Orchestra」の楽曲を試演。この展覧会の収益の一部は、コンサートの第一部で演奏したCélimène Daudetが主催する、ハイチにおけるクラシック音楽の祭典の創設と若い才能の支援を目的とした「ハイチ・ピアノ・プロジェクト」協会に寄付されるほか、4色協会からもピアノ購入の資金として寄付されます。

それぞれの分野で活躍する人が他の人を超越できるように、さまざまな企業団体を横断的に結びつけ、役者と観客の間に振動的なハーモニーを一緒に作り上げましょう。