キャロル・メルモーはギャルリー・クルーで展覧会を開催!

もうすぐ最終日!

ギャラリー・トリガノでルシアン・クレルグの素晴らしい写真展を見た後、道を渡って11 rue des beaux artsにあるキャロル・メルモーの作品を見に来てほしい...彼女にとって、「絵画は日記のように書かれ、瞑想のように練られ、同伴者として、私たちの存在と現実との結びつきを映し出す鏡のように私たちについてくる。それは終わりのない道であり、道に迷ったとしても、知らず知らずのうちに見失っていたものを見つけ、それを他の人と分かち合うことができるのです」。彼女のダンサーとしての経験は、動きや絵画の音楽性を重要視する姿勢に反映されている......元文学部生である彼女の詩への愛着は、彼女の絵画作品にも表れている......キャロルは、横断性を完璧に表現するアーティストだ。彼女は芸術家の世界に栄養を与え、豊かにしてくれる。彼女にはもう一本の弦がある。

フランスの美術工芸の歴史に見られる技法を、名工に師事して学んできた。これらの世界はすべて、彼女の宇宙とインスピレーションの糧となっているのです