フィー・デザール・ノワール」展

2015/11/28から2015/12/30まで
ハウスヴァンクール
16 rue de la Sourdière(スールディエール通り
75001 パリ

Quatre-couleurs(カトル・クルール)協会が主催するこの展覧会は、JEAN-PAUL MARCHESCHIの作品とMAISON VAINCOURTのクリエイションが一堂に会するものです。

炎と革、大地と光の結合...それは宇宙の深淵から、生命の自然で神聖な要素である炎が地表に立ち昇る場所である。現代の画家たちは、自分たちが35,000年前から "ホモ・ピクトル "であったことを忘れてしまうことがあるが、ジャン=ポール・マルケスキは、人類の歴史に刻まれたこの記憶を呼び覚まそうとしている。この画家は、ランプブラックを使ったドローイングという、先史時代の洞窟から飛び出してきたような特別な技法を使って、私たちを過去から現在への旅へと誘う。1984年以来、この熟達した作家、画家、彫刻家、舞台美術家は、筆を捨て、トーチと木炭を創作道具として使っている。

煤は、暗黒物質を砕くことによって、火山的で力強いフォルムを呼び覚ます。火の国からもたらされたこの素材の神秘的ともいえるパワーは、見る者を驚かせ、生々しくも折衷的で文化的な世界へといざなう。

煤は、暗黒物質を砕くことによって、火山的で力強い形を呼び覚ます。火と土を扱う神秘的な力は、見る者を驚嘆させ、生々しく、折衷的でありながら教養のある宇宙へといざなう。ワックス、灰、炎を完璧に使いこなすことで、彼の素材はキャンバスに描く古典主義に取って代わった。ジャン=ポール・マルケスキは、光と影、深淵と深淵の間で私たちを幻惑する。彼はフラクタル図形をとらえ、魔術師のように心のリズムを視覚的に移し変え、火の鳥で私たちを幻惑する。


不死鳥のように、時の流れの中で灰の中から蘇り、光の道の間にある書道の記憶のようなものを不滅のものとする......その「炎の筆」の輝きの中で、恒星のような、暗く光り輝く作品を生み出す......。

煤や煙、ロウソクの蝋などを使って、黒から太陽の涙が浮かび上がる。素材や光のコントラストを生かした彼の作品は、時空を超えて飛び交います。彼の芸術は、先史時代に習得した火という生命に不可欠な要素から抽出され、絵画や彫刻の上で流れ、煙り、ひびが入る。パリのスールディエール通りの曲がり角で、エリザベス・シュミットは、ティボー・ファーブル・ド・ラ・パイエリーが工房で加工した革に伴われ、芸術家ジャン・ポール・マルケシの地上の炎と革製品の第2の人生の誕生という錬金術を生み出している。アーティストのジェスチャーと革職人のジェスチャーは、同じ知識、つまり祖先の人間から抽出されたものなのです。人体を描く技術は、人間が自分自身を衣服で覆う仕事と同じくらい古くからあります。


この2人のジェスチャー職人が、現代的な光の洞窟であるヴァンクールハウスでの共同展を機に、一堂に会しました。ファッションの中心地にあるこのメゾンは、フランスのノウハウの遺産を忠実に再現したレザーアクセサリーのための、文化とファッションの空間なのです。ハンドバッグやベルトには「Made in France」の刻印があり、この伝統を遊び心で表現しています。このスペースでは、すでに出来上がっているベースに、お客様が思い思いのアクセサリーを作ることができます。


こうして、職人の仕事はファイヤーアーティストの仕事を昇華させるのです。ヴァンクールの家は、画家と職人が同じ芸術的ジェスチャーで展覧会を行うという革新的な方法で、その情熱を私たちに伝えてくれるのです。また、写真家・空間演出家のローラン・カヴィール氏のノウハウにより、革製品の彫刻を制作し、展示空間を装飾・昇華させます。このスナップショットテイカーは、高級品を形にして命を吹き込む天才です。

この2つのインスピレーションが、アートとクラフトのかつてない結びつきを生み出している。ヴァンクールのベルトは、オートクチュールのジュエリーのように身につけることができ、身につける人にとって自然な第二の皮膚となる。このラグジュアリーなプレーヤーは、快適さと思慮深さがすべてであり、それは目に見えるものではなく、体験するものです。 それは内なる冒険であり、それがフランス流のラグジュアリーレザーグッズの定義なのです。目と心を楽しませるために、このメゾンは「欲望」と「必要性」という概念で遊んでいる。

カーフスキン、カウハイド、バッファロー、クロコダイル、スネークスキン、オーストリッチ......一流の業者によってなめされた素材を使いたいという欲求。職人には無限の引き出しがあり、シボからインスピレーションを受け、色から創作意欲を掻き立てられる。また、美しく、ユニークで、洗練された人のセンスを示す必要不可欠なアクセサリーを身につける喜びを求める。何千年もの間、世代から世代へと受け継がれてきた伝統的な所作を尊重すること。革職人の仕事を尊重するノウハウは、たゆまず繰り返され、この工芸の歴史の一部となっている。 

ティボーの針、ブラシ、はさみ、コンパス、糸切り、アイロン、刃物は、ジャン=ポール・マルケスキの炎、すす、ワックスと競い合う。両者とも、素材を昇華させるために素材を扱う。炎と皮革、土と光の融合は、ヴァンクールの家を拡大し、私たちを大いに楽しませてくれる。ジャン=ポール・マルケスキの次回の展覧会は、2016年にロダン美術館で開催される。