コンサート ユーリー・レヴィッチ in パリ

サル・プレイエル、パリ - 2024年3月7日午後8時

世界水の日」を記念し、ユニセフ・フランスとのパートナーシップのもと、ユーリー・レヴィッチとQuatre Couleurs協会が企画した野心的で多彩なコンサートが「水のシンフォニー」だ。 

クラシックとエレクトロニックの中間に位置し、異なる芸術分野をミックスする名ヴァイオリニスト、ユーリーは、3月5日にリリースしたEP(OLARIO)からオリジナル曲を披露した。

> Lire le live report de Pozzo Live 

ユーリー・レビッチとは? 

ニューヨークのカーネギーホール、ウィーンのムジークフェライン、東京メトロポリタン、ミラノ・スカラ座、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団をはじめ、イギリスのロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団、イタリアのヴェルディ・ミラノ管弦楽団、ドイツのラインラント=プファルツ・フィルハーモニー管弦楽団など、世界の名だたるホールで演奏してきたが、フランスの主要な会場で演奏するのは今回が初めて。

世界中で絶賛され、映画にも採用されたヴァイオリニスト。

2023年を通して、ユーリーはヨーロッパ各地とアジア大陸ツアー(韓国、中国、日本)を行い、マルタ・アルゲリッチやスティーヴン・イッサーリスといったクラシック音楽の伝説的なアーティストと共演した。また、自作曲やメンデルスゾーン、パガニーニのヴァイオリン協奏曲を携えてのラテンアメリカ・ツアーも行っている。2022年には、アメリカの権威ある同名の雑誌が発行するクラシック音楽チャート「ビルボード・クラシック」にすでに掲載されている。第7芸術も例外ではない。2023年、ユーリーはオーレン・ムーヴァーマン製作の新作映画(アカデミー賞ノミネート、エミー賞受賞)の音楽を担当した。

国際水の日」を記念したコンサート。

あまりにも多くの国で水不足がもたらす人道的課題(4億5千万人の子供を含む25億人が水にアクセスできない)を認識し、気候変動問題に取り組むアーティスト、ユーリー・レビッチは、地元の倫理的で責任ある工芸品を支援するQuatre Couleurs協会とともに、このプロジェクトに取り組んだ。 オーストリアのユニセフ大使2021年、ユーリーは国連環境計画(UNEP)の依頼を受け、自然を称えるために世界中から100人の音楽家を集めて演奏する作品を創作した。彼のコミットメントに従い、このコンサート・イベントは「水」をテーマに捧げられた。

コンサートの収益の一部は、以下の団体に寄付された。 ユニセフ・フランス を前にした特別な演出。 アルパンジュ・ピアノ ユーリーは、音響の良さ、デジタル機能、革新的なデザインで選んだ、5つの芸術分野(音楽、歌、ダンス、ドローイング、香水)を通じて観客を旅に誘った。 バプティスト・キャピタニオ を、類まれな芸術的発泡性の中で歌い上げた。この曲の原動力は ドーラン・ベン (ザ・ヴォイスのファイナリスト)、 ロレーヌ・アルダブラ (サセム自主制作賞)、 エルミニー・ブロンデル (オペラ歌手)と ジェレミー・カポネ Quatre Couleurs協会のアンバサダー。の特別な庇護のもとでダンスを披露した。 プリマ・バレリーナ、アマンディーヌ・アルビッソンQuatre Couleursアンバサダー、ダンサーも同行した アレクシア・バレ.アーティストとのドローイングとペインティング ジェレミー・カポネ (ビジュアル・アーティスト、ドラフツマン)、 ブルーノ・モイナール, ウルリク・ポニャトフスキ, ジャン・ミオット で表される写真と ジョゼフィーヌ・ヴァレ・フランチェスキビデオ・デザイナーとセット・デザイナーの手によって、そのすべてに命が吹き込まれた。 ブノワ・ベニシュー.これら4つの芸術分野に加え、私たちは次のようなユニークな感覚的体験を加えました。 鼻先 エレオノール・ド・スタール とのコラボレーションによる特別なフレグランスを発表した。 アヌシー頌 および放送 パー・オルファクチャー サル・プレイエルにて。このコンサートは レオン・ド・ネルボの揺るぎない支援を受けて組織されている。アソシエーション・カトル・クルール と創業社長 デルフィーヌ・ガルニエ

Quatre Couleurs協会に心から感謝する。 ユーリー・レビッチ, アンバサダーのアマンディーヌ・アルビッソンとジェレミー・カポネ ショーに参加した 指揮者・音楽監督 バティスト・カピタニオ, ユニセフ大使のタチアナ・シルバ、 ゲスト・アーティストの皆さんも ドーリヤン ベン、ロレーヌ・アルダブラ、アレクシア・バレ、エルミニ・ブロンデル、ジョージ・ルポウ、トリスタン・パフ、ナタリア・モロゾワ。 また、画家と写真家にも感謝したい。 ジャン・ミオッテ、ウルリク・ポニアトフスキ、ダヴィッド・プルー、ジョゼフィーヌ・ヴァレ・フランチェスキ、ジカ、ブルーノ・モイナール、 その作品はこの日のために巨大スクリーンに投影された。 

ありがとう ピアノ職人のアルパンジュ、エレオノール・ド・スタエルの鼻、カレ・ソーヴァージュ・チョコレートの生みの親ローレ・マヌシエ、ガリゼの生みの親キャロリーヌ・ルトゥーゼ、アルロー・シャンパーニュのオーナー、ピエールとクリスティーヌ・トラミエ、ヒューマン・アンド・ティーのダニエル&ナタリー・コット夫妻、バロン・パピヨン・スニーカーの生みの親エリック・ルメートル等々。 のみならず スタイリスト レオン・ド・ネルボ 世界各地の新しい水利用施設に資金を提供するため、快くその才能を寄付してくれた人たちだ。

Merci auX 1500 spectateurs présents dans la salle !