ベティーヌフード

Itinérance展のオープニングでは、セシル・ヴァン・リスがブルーノ・モワナールの絵画にインスピレーションを受けたヴィーガン料理のパフォーマンスを行い、皆様の舌と目を楽しませてくれます。

自然療法士であったセシル、通称「ベティ」は、2009年に理論から実践へ、そして情熱を傾ける料理へと転向しました。健康的な食事」にまつわる決まり文句との戦いに疲れ果てた彼女は、道徳的で悲しいものではなく、健康、デザイン、文化が結びついた料理を作ることに取り組んでいるのです。植物が好きな彼女は、私たちの国ではまだ未開拓の遊び場であるローフードに自然と魅了され、料理と食欲のためにローフードを再発明したのです。

つまり、フランスにおけるロービーガン食のパイオニアであることは言うまでもありません。

ベティヌフード