レイラ・マセールとニナ・バーベの4色の旅は続く

EVI協会とは、Gwendoline Finaz de Villaineの著書「De Poudre, de Cendre et d'Or」の発売記念オークションですでにお目にかかったことがあると思います。この日、ニーナはインドでレイラ・マセール監督とドキュメンタリー映画「Des Vies Dansent」の第2部を撮影し、帰国したばかりだった。セネガルから帰国した彼らを取材したかったのです。

プロジェクトの簡単な概要?

ニーナ&レイラ:私たちは、世界4カ国の子どもたちの目を通して、身体への意識をテーマにしたドキュメンタリー映画を制作しています。私たちは、ダンスを共有するためのツールとして、また幸福や気づきをもたらすベクトルとして使いました。この映画では、インド、フランス、セネガル、コロンビアと、見る人を一緒に旅するように誘っています。

2/ セネガルに到着したとき、どのようなことを感じましたか?

ニーナとレイラ:セネガル人がよく使う言葉で、「Nio far」というのがあります。 この言葉の意味をすぐに理解し、セネガル滞在のペースをつかむことができました。トゥバブ・ディアラウ村の近くにある、ジェルメーヌ・アコニーさんが作ったアフリカのダンスが楽しめるエコール・デ・サーブルで、私たちを温かく迎えてくれたのです。そこで出会った人たちが、すぐに「手伝いたい」「プロジェクトに参加したい」と言い出したのです。時間が経つにつれて、映画作りに携わる人がどんどん増えていきました。

3/ ミーティング中の子どもたちの反応はいかがでしたか?

ニーナ&レイラ:14人の子どもたちと一緒にこのプロジェクトを行うことになったのですが、毎日50人の子どもたちがやってきて、みんなとても熱心に踊ってくれて、好奇心旺盛でしたね。また、この村の子どもたちは、最初はとても慎重で恥ずかしがり屋でしたが、喜びや苦しみを控えめに表現し、とても感動的でした。彼らは、私たちを驚かせ続けてくれました。例えば、フランス、インド、コロンビアの子どもたちに手紙を書いて文通を始めると説明すると、子どもたちは喜んでいましたが、書き方を知らない子が多かったので、この手紙を書くのにコース中、かなりの時間がかかると思われました。そして、翌日には、家族の協力のおかげで、全員がすでに手紙を書いた状態で到着したのです!私たちはとても驚きました。

4/どのような困難があったのでしょうか?

ニーナ&レイラ:オーガナイズ!(笑向こうでは、すべてがその日暮らしで行われているのですフランスの組織に慣れている私たちは、適応するのに数日かかり、特に手放すのに時間がかかりました。結局のところ、物事はほとんど組織化され、起こるのですが、私たちはその方法を理解していません。

もう一つの難点は、私たちがそこでプロジェクトを行う意味と有用性であることは言うまでもありません。私たちは、教育の重要性、環境への配慮、自分自身の身体と仲間の身体への敬意など、ユートピア的な夢を抱いて到着しました。しかし、すぐに私たちとは優先順位が異なる別の生き方、考え方を目の当たりにしました。教育のために手段を講じるにしても、この国の現実はまだまだ厳しいので、スローモーションで行われるのです。

最初は、私たちが子どもたちと一緒に時間を過ごし、無料で講座を開くことに理解を示すのが難しいという人もいました。本当にカルチャーショックでしたが、オープンな気持ちで話ができ、異なる視点を共有できたことはとても興味深かったです。今の世の中、お金と愛とどちらが大事なのか?長い議論の末、私たちの意見はある点で一致しました。特に、民族間の連帯の重要性についてです。

5/ダンスとの関係は?

ニーナとレイラ:この村にはダンスがあふれていて、彼らは生活しながら踊っています。サバールと呼ばれる伝統的な踊りと、音楽は切っても切り離せない関係にある。セネガルは、自国の文化を大切に守りながら、世界に門戸を開いています。セネガルでは、伝統的にダンスは誰にとっても身近なものです。結婚式や洗礼式などの家族の儀式では日常的に存在し、昼夜を問わず踊っている。ダンスは、集い、喜び、祝い、そして人生の象徴なのです

6/ 子どもたちは、環境に対してどれくらい敏感なのでしょうか?

ニーナとレイラ:とても逆説的です。彼らは自然、土地、水ととても密接な関係にあり、自然と調和して生活しています。ゴミ箱がないなど、環境に対する意識は非常に低い。牛やヤギはよく見かけるのに、村ではプラスチックで輸入した粉ミルクを好んで飲んでいることなどが印象的でした(まあ、ヤギの餌は道に転がっているプラスチックや段ボールでできているので、ヤギのミルクはあまり栄養がないのでしょうが・・・)。

同時に、講座の中では、私たちが踊らせている土、水、空気、火という要素を通して、エコロジーに対する意識を高め、その現状を語る機会にもしています。今、海はどうなっていますか?地球と連動した問題とは?暑さが増してきましたね~。その話をしたらとても興味を持ってくれたのですが、それだけではダメで、このことについて国で重要な対策を講じなければならない......。

7/ 黄色いモスリンのストールを見て、子どもたちの反応はどうでしたか?

ニーナ&レイラ:フランスからの贈り物にとても喜んでいましたよ。数分後には、みんな髪に巻いていましたよ。

もちろん、彼らは世界の衣料品産業と関連するすべての問題を知っているわけではないので、いくつかのことを説明することができました。そこでは、村の女性たちが直接、蝋引きの生地で「ホームメイド」の服を作ってくれるチャンスがあるのです!そして、私たちフランス人は、いつになったらホームメイドの服を手に入れることができるのでしょうか?100%フランス製のドレスに挑戦です。

8/ 最大の喜びは何でしたか?

ニナとレイラ:ショー!3週間かけてダンスを学び、村人全員を招待しての小さな発表会を準備しました。会場にはたくさんの人がいて、子どもたちはその人たちの前で踊ることができ、とても誇らしかったようですそんな彼らの姿を見て、私たちもすごいエネルギーに包まれて、とても幸せな気持ちになりました

一緒にセネガルにプロジェクトを持ち込んだチームに感謝します。コリーヌ・フランソワ(ダンサー)、バティスト・メザンジュ(サウンドエンジニア)、ジェルメーヌ・アコニーとエコール・デ・サブレの皆さん、カリーヌ・カルザ、フィリップ・キャリー、モモ、ンデイ、ロクハヤ・・・ありがとうございました。

ニナ・バーベ&レイラ・マケール

EVI協会の創設者であるレイラ・マセールとニナ・バーベの4色の旅はまだまだ続きます

プロジェクトの簡単な概要?

ニーナ&レイラ:私たちは、世界4カ国の子どもたちの目を通して、身体への意識をテーマにしたドキュメンタリー映画を制作しています。私たちは、ダンスを共有のツールとして、幸福と気づきのベクトルとして使いました。この映画では、インド、フランス、セネガル、コロンビアと、見る人を一緒に旅するように誘っています。

2/セネガルに到着したときの印象は?

ニーナとレイラ:セネガル人がよく使う言葉で、"Nio far "というのがあります。トゥバブ・ディアラウ村の近くにある、ジェルメーヌ・アコニーによって作られたアフリカのダンスに欠かせない場所、エコール・デ・サーブルで私たちを温かく迎えてくれたのです。現地で出会った人たちが、すぐに「手伝いたい」「プロジェクトに参加したい」と言い出したのです。このフィルムを作る人が増えてきたのです。

3 / 会議中の子どもたちの反応はどうでしたか?

ニーナ&レイラ:14人の子どもたちと一緒にこのプロジェクトをやらなければならなかったのですが、毎日50人が来てくれて、みんな踊りたがっていて、とても好奇心が強かったんです。また、この村の子どもたちは、最初はとても慎重で恥ずかしがり屋でしたが、喜びや苦しみを控えめに表現する姿に、とても感動を覚えました。彼らは、その投資において、私たちを驚かせることをやめませんでした例えば、フランス、インド、コロンビアの子どもたちに手紙を書き、文通を始めると説明したとき、彼らは喜んでくれましたが、字を書けない子が多かったので、この手紙を書くのにインターン期間中に長い時間がかかることは確かでした。そして、翌日、家族の協力のおかげで、全員がすでに手紙を書いた状態で到着したのには驚きました。

4 / どのような困難があったのでしょうか?

ニーナ&レイラ:組織!?すべては、そこで日々行われているのですフランスの組織に慣れているため、適応するのに数日かかり、特に手放すのに苦労しました。物事は最終的にはほとんど勝手に整理されるものなのです。

もう一つの難点は、私たちがそこでプロジェクトを行うことの意味と有用性です。教育の重要性、環境への配慮、自分の身体や仲間の身体を尊重することなど、私たちはユートピアの夢を思い浮かべました。しかし、私たちはすぐに、私たちとは優先順位が異なる別の生き方や考え方を目の当たりにしたのです。教育のための手段があっても、この国の現実はまだまだ厳しいので、スローモーションで行われます。

当初は、子どもたちと一緒に時間を過ごし、無償でインターンシップを行うことに理解を示さない人もいました。本当にカルチャーショックでしたが、オープンハートで話すことができ、異なる視点を共有できたことは非常に興味深かったです。私たちは、あらゆる文化に共通する「お金と愛、この世界で最も大切なものは何か」という問いを中心に、多くのことを語ってきました。長い議論の末、ある点、特に民族間の連帯の重要性で意見が一致した。

5 / ダンスとの関係は?

ニーナとレイラ:この村にはダンスがあふれていて、彼らは生活しながら踊っています。伝統的な踊りはサバールと呼ばれ、音楽とは切っても切れない関係にあります。セネガルは、自国の文化を大切に守りながら、世界に門戸を開いてきました。セネガルでは、ルーツと開放感の狭間で、ダンスは伝統的に誰にでも関係するものです。結婚式や洗礼式など、家族の儀式には毎日出席し、昼も夜も踊り続ける。ダンスは、集い、喜び、祝い、生命の象徴なのです

6 / 子どもたちは、環境に対してどれくらい敏感ですか?

ニーナとレイラ:それはとても逆説的です...彼らは自然、土地、水ととてもつながっていて、それと調和して生活しています、大きな問題はすべての輸入プラスチックです...彼らは汚染とは何かについてほとんど知識がありませんでした、プラスチックはしばしば路上で燃やされます、なぜなら彼らは有害な結果を知らないのです。ゴミ箱がないなど、環境に対する意識は非常に低い。私たちはいつも牛やヤギに出会っているのに、村の人たちはプラスチックで輸入された粉ミルクを好んで飲んでいることなどが印象に残っています。(私は彼らの食べ物は、路上でドラッグプラスチックや段ボールを中心に展開するので、ヤギのミルクは非常に栄養価が高いすべきではないことを想像した後に良い...)

同時に、インターンシップでは、エコロジーに対する意識を高め、エレメントを通して、地球を踊らせ、水は火のように見え、これらのエレメントの現状について話す機会を設けています。今、海はどうですか?土地の問題とは?高まる熱に!しかし、それだけでは不十分で、このテーマについて国で重要な対策を講じなければならない・・・。

7 / 黄色いモスリンのストールに対して、子どもたちはどんな反応をしたのでしょうか?

ニーナ&レイラ:フランスからの贈り物にとても喜んでいましたよ。フランスで作られた100%の品質について伝えました。もちろん、彼らは世界の衣料品産業に関するすべての問題を知っているわけではないので、いくつかのことを説明することが出来ました下界では、村の女性たちが直接、蝋引きの生地で「ホームメイド」の服を作ってくれるのですから、ラッキーなことです。そして、フランスの私たちは、いつホームメイドになるのでしょうか?しかし、それは非常にまれです...私たちのための次の挑戦:100%フランスで作られた服

8 / 最大の喜びは何でしたか?

ニナとレイラ:ショー!3週間かけてダンスを学び、村人全員を招待しての小さな発表会を準備しました。会場にはたくさんの人がいて、子どもたちはその人たちの前で踊ることができ、とても誇らしかったようです彼らのエネルギーに満ちた姿を見ることができて、とても幸せでした!プロジェクトを一緒にセネガルまで運んでくれたチーム、コリーヌ・フランソワ・ダンスーズ、バティスト・メザンジュ・サウンドエンジニア、ジェルメーヌ・アコニーと歓迎してくれたエコール・デ・サブレのチーム、カリヌ・カルザ、フィリップ・キャリー、モモ、ンデエ、ロハイヤ・・・ありがとうニナ・バーベ&レイラ・マカエ。